入江光人司   緋色煎茶器揃

ロクロは、一切使わず手造りで、細工物中心でに作陶されています。特に、宝瓶(ほうひん)が、自慢で、つまみの細工は、柘榴、桃、龍、獅子などがあり、思わず見とれてしまいます。また、近年、土そのものを種々研究し、白色や、ピンク色に焼成される方法を独自で完成されました。手造りのみに生きようとする作家は、現代では貴重な存在です。それだけに期待も大きい実力作家です。
備前焼現代作家集より


    


宝瓶は全体に緋色がでているシンプルな焼締肌です。蓋と身をまたいでぼた餅もあり、備前焼らしい作品です。つまみには瓢箪。空気穴が瓢箪の下側に目立たないよう穴あけされ、瓢箪はもちろん、瓢箪紐の再現が秀逸で氏の作風が良く出ている宝瓶です。縁起物の瓢箪の宝瓶で是非良いお茶の時間をお楽しみください。

φ9.3×h7

  

煎茶器は、窯の中で積み重ね焼かれますが、この煎茶碗は2点のみの支えで積み重ね、見込みに緋襷などの表情を出さず、きれいな緋色の見込みに仕上がっています。4客は積み重ねられた一番上のもの、1客が重ね焼きののもです

約φ5.5×h4.5

   

湯冷しは、煎茶をのむうえで必須といえます。熱すぎるお湯は、お茶の渋みを強調させてしまいます。一旦お湯をさまし、60〜70℃のお湯でゆっくり淹れてお楽しみください。

φ9×h4.8

木箱後日発送。
必要ない場合お知らせください。価格より¥5000引かせていただきます。


バラ売りも可能です。
宝瓶(木箱)   
¥83,000-(税別)

煎茶碗揃(5客)
¥20,000-(税別)

湯冷し
¥30,000-(税別)

宝瓶以外紙箱です。
お気軽にお問い合わせください。
販売価格 148,500円(税13,500円)