染付祥瑞 蓋付碗

「祥瑞」(しょんずい)は元は景徳鎮で焼かれた染付柄の代表ですが 日本からの注文によりつくられたものらしく 丸紋の繋ぎや散しの中に 人物や亀甲などの幾何学文様 そして花鳥風月などがビッシリと緻密に描き込まれています。こちらの商品、もちろん手描きです。そして元々蒸し碗としての商品でしたが、湯呑みに見立てたほうが、形状を見ても違和感なく使えそうですし、高台が碁笥(ごけ)高台ですので、普通の湯呑みとは、違った雰囲気です。碁笥高台とは、碁石を入れる碁笥の底ような形状で、上げ底になっているのが特徴です。


清水焼
φ7.5cm×H8.5cm 約200

IMG_0952s.jpg


IMG_0946s.jpg




販売価格 22,000円(税2,000円)